カードローンとキャッシングは借入限度額や返済方法などに違いがあり、使用用途に応じた使い分けが推奨されます。

知っておきたい現金調達法ヘッダー画像

カードローンとは

ATM銀行・金融機関が「個人」に対して使用用途を特別に定めないお金を「保証人や担保なし」に貸し付けるサービスを提供するのが「カードローン」です。

 

「アコム」「プロミス」「アイフル」などの消費者金融が有名ですが「メガバンク」や「地方銀行」でも専用のローン商品が用意されている「古くからあるお金の借り方」になります。

 

 

カードローンが広く利用されている理由

「カードローン」は、基本的には使用用途が「自由」なスタイルを取るローン商品で「所定の借入限度額の範囲なら何度でも借入ができる」という特徴があります。

 

アパートローンや教育ローンのように、最初に借り入れ以降は追加で借り入れずに返済をするだけのローン商品と違い「小回りが利く」点が他のカードローン商品と比べても「広い年齢層のユーザー」を獲得する要因となりました。

 

 

キャッシングとは

分割と一括キャッシング」とは、「クレジットカード」を用いて「現金」を借りる仕組みの事を言います。

 

通常のクレジットカードの利用には「ショッピング枠」というものを用いて、1回以降の後払いをするのが基本の使い方になります。

 

それとは別に、「クレジットカード」には「キャッシング枠」というものがあらかじめ設けられていて、カードの所有者はあらかじめ決められた額の現金を「ATM」などから、いつでも引き出せるような仕組みになっています。

 

 

 

キャッシングの特徴

基本的に「キャッシング」の利用枠は限度額が「ショッピング枠」より「低く」設定されており、改めてお金を借りる上で審査等を必要としないことから「急な出費に対応できる」現金調達方法です。

注意しておきたいのは、一般的に返済は1回で行われるものだということです。
多くの場合に翌月のショッピング枠と同時に口座から引き落としがされるので、その時までの現金の用意、また分割で返済するように申請するなどの対応を忘れない事が大切です。

 

 

カードローンとキャッシングの違い

「カードローン」と「キャッシング」は使用用途によって使い分ける事ができます。

 

カードローン」は限度額が最高で「800万円」の借り入れも可能な商品になります。
それと比べて「キャッシング」は一部のハイグレードなクレジットカードを除き「10万円〜100万円」という低めの限度額となっています。

 

なので高額な車やブランド品などの買い物・旅行などに用いる現金は「カードローン」を、日常的な支払いにおいて急に現金が必要になった際などの「比較的すぐに返済」ができるものには「キャッシング」といった使い分けが推奨されます。

 

 

特徴に応じた使い分けを!

「カードローン」と「キャッシング」は多くの場合混同されがちですが、詳しいサービス内容を知る事で使い分けが可能になります。

 

上記以外にも返済方法の違いなどを垣間見て、どちらの利用が最適か見極めてご利用されてはいかがでしょうか