どの金融機関でお金を借りても金利がかかるため、最終的に支払うお金は調達した金額より多くなります。

知っておきたい現金調達法ヘッダー画像

現金が必要になってしまったら

日々の生活において、どうしても「現金」で対応しなければいけない場面がありますよね。

 

今月になぜか冠婚葬祭の行事が集中してしまった
公共料金や光熱費の引き落としの前日に、口座に現金がないことに気づいてしまった」そのような事態には何としてでも現金を手に入れたいところです。

 

実は現金を入手する方法に関しては、いくつかの方法がございます。
そしてそれらの方法には「利用がオススメできる人」が明確に分かれているのです。

 

今回ご提案する方法で、なるべく「安全」に、そして「計画的」に現金を調達する手段を身につけていただければと思います。

 

 

実際にお金を借りる方法

お金がなくて困る女性銀行・金融機関を活用してお金を借りるには、多くの場合「条件」があります。

 

「会社員」「パート・アルバイト」「自営業・個人事業主」「主婦・主夫」「無職」など、現在自分が所属しているポジションを考えた上で、どのような手段でお金を借りることができるか考えていきましょう。

 

 

最も有名な手段「カードローン」

現金を調達する手段として最も「有名」で「スピード感のある」「便利な方法」として知られているのが「カードローン」です。

 

多くの銀行や消費者金融で提供をされている歴史と実績のある商品で、一般的に想像される「ローン」とは異なり「担保や保証品を用意する必要なく」現金を借りることができるサービスです。

 

利用条件としては「20代〜60代」で「安定した収入がある」など「年齢」と「年収」が必要となるので、稼ぎがある方でないと利用ができない商品になります。

 

それにより特に「現役の会社員」にオススメの現金調達手段だと言えます。

 

 

クレジットカードに付帯する「キャッシング」

クレジットカードクレジットカードには通常の「ショッピング利用枠」とは別に「キャッシング枠」というものがあります。

カードローンとキャッシングについて

 

「キャッシング」はクレジットカードを持っている人が、通常の利用分とは別口で現金を借りることのできる仕組みのことで、キャッシング枠があるカードの保有者が使うことができるようになっています。

 

その性質上、少額のお金しか借りることができない場が多いですが「収入が低い」人でも無理なく返済ができる額であることから、「パート・アルバイト」の方が急に現金が必要になった場合にオススメできる調達手段です。

 

 

主婦・主夫なら「配偶者貸付」

貸金業法を読み解くと「年収がない人に貸付はできない」という決まりがあります。

 

つまり「専業主婦(主夫)」であると基本的にはお金を借り入れることができません。そのような場合は「配偶者貸付」を利用すると良いでしょう。

 

併せて「総量規制」を用いれば「本人に収入がなくても配偶者の年収の1/3以下の貸付なら可能」という考えもあります。

 

大手の企業では難しいかもしれませんが、中小消費者金融会社ではこのような条件で主婦にも貸付を行ってくれる場合があります。

 

 

フリーランスの味方「日本政策金融公庫」

自営業を営む場合や、個人事業主の場合は、その収入源における特殊さから「信用」においてあまりいい評価が得られないことが多いです。

 

そのような場合は「日本政策金融公庫」からお金を借りることがオススメです。

 

「日本政策金融公庫」は国民の生活を向上させることが目的の会社です。

 

もし収入が不安定なことを理由に銀行や消費者金融で支援を受けることができなかった人達がいても、交渉によってはお金を貸してくれる可能性があります。

 

 

求職者支援資金融資制度

ハローワークのパンフレット「無職」の人は基本的に銀行や金融機関が提供するカードローンの条件を満たせないので、一般的な手段ではお金を借りるのが難しい状況になります。

 

そのような方の場合は「求職者支援資金融資制度」という制度を利用しましょう。

 

この制度によりハローワークを経由した金融機関でお金の借り入れをすることができるので、休職中の無職期間の現金調達方法としてオススメです。

 

 

お金を借りる時に「必ず」つきまとうリスク

どのような期間でお金を借りても「金利」がかかり、最終的には必要なお金以上に出費をすることで「現金」を手に入れることになります。

 

また、利用する金融機関によっては、知らず識らずのうちに最も危険な「闇金」を利用してしまう可能性があります。

 

そういったリスクに巻き込まれないように、基本的には現金を借りる必要がないような計画を常に立てることをお勧めいたします。

もしどうしても借りなくてはいけない状況に陥った場合は「よく調べる」事と「なるべく大手を利用する」ことで安全な借り入れを実現する事が大切になるでしょう。

AIスコアレンディングについて