数万円で受けられる歯科医のオフィスホワイトニングを解説します。

歯のホワイトニング

みなさんは、最近「芸能人の歯がやけに白いな」と思ったことはありませんか?
芸能人でなくてもスポーツ選手やアナウンサーでも異常に歯並びがよかったり、不自然に真っ白な歯をしていることがしばしばあります。

 

「芸能人は歯が命」と昔から言いますが、白い歯は人の見た目をとても左右するポイントです。
人に見られる商売ということは、第一印象を司る歯をいかにきれいにするかにかかっています。

 

 

今は歯科でさまざまなホワイトニングの技術を受けることができるので、歯並びに自信のない人や歯が汚れが気になる人にとっても、白く美しい状態の歯を比較的容易に手にいれることができます。


 

専門的な言葉で歯科医を受診して歯を白くすることをオフィスホワイトニングと言います。
歯科医で受けられるホワイトニングとしては、広義には歯石を除去する歯のクリーニングも含まれますが、たばこのヤニや歯のザラザラを除去したあとは、色が純粋な白に近づくように薬剤を塗布したり、特殊な光を当ててアプローチしていく方法があります。
オフィスホワイトニングは、大体1回1万円~8万円程度の範囲で受けることが可能です。

 

またオフィスホワイトニングに対してホームホワイトニングという言葉があります。
ホームホワイトニングというのは、歯科だけでなく、普段の生活から自分で行うホワイトニングのことを指します。具体的にはマウスピースを作成して決められた時間や寝ている時間などに装着して歯を白くする方法もあります。
ホームホワイトニングの費用も5万円程度が相場となっています。

 

歯が綺麗な女性

 

現代の歯科の技術では、歯を治すことはそれほど難しいことではなくなりました。
しかしどんなにホワイトニングの技術が向上しても、不規則な食生活や喫煙や飲酒などの普段からの習慣が大きな影響を与えることは間違いありません。

 

歯は人間の美貌の中でもとても重要な要素の一つです。
それは人を見るときに歯からさまざまな情報を読み取るからです。歯を見ればその人の生活習慣や喫煙の有無、清潔感などを想像することができるし、それで人間性を判断してしまうこともあるほどです。

 

「多少が歯が汚れてもホワイトニングがあるから」ということではなく日ごろからお酒を控えるとか、たばこを吸わないというのが美しい歯を保つ秘訣ですね。