インプラント治療は30万円~!長期的な治療時間も必要となります。

インプラント治療の料金

歯科などを受診していると院内のポスターに「インプラント治療」に関する文字を目にする機会が増えてきました。

 

「インプラントってあらためてなんだろう?」
「どういう技術でどんなメリットがあるの?」
という人のために、ここで歯科におけるインプラント治療の概論について学びたいと思います。

 

インプラントとは従来の差し歯の代替え治療として台頭してきたもので、抜けてしまった歯のかわりにセラミックなどで作られた人口歯をボルトのようなフィクスチャーと呼ばれる人工歯根を顎に直接打ち込んで固定することによって、固定力が高く審美性の高い人口の歯をつくることです。

 

このインプラント治療ですが、画期的な治療法であり失われた歯の復元方法となっています。
歯が何らかの理由により抜けてしまった人にとっては機能的にも審美的にも願ってもないものです。しかしまだまだ一般に普及していないとの理由としては問題点もあり、それは差し歯治療と違い保険が適用できない自由診療であるのです。

 

したがってインプラント治療をしようと思ったら、それなりの治療費を払わなければならないということを念頭に置かなければなりません。

 

大まかな治療費は、1本のインプラントを埋めるのに30万円~50万円がかかるといわれており、その費用の内訳は、インプラント体やアパッチメント代、そして手術費用などで構成されます。

 

歯の診察をされる男性

 

またパノラマレントゲンやCT撮影なども費用に加算され、インプラントを行うには、手術までの準備段階から埋め込んだ後の経過観察やメンテナンスも考えておく必要があります。

 

特にインプラントは顎の骨に直接埋め込むものなので、うまく骨と接合しない場合もあります。
注意深く経過を見ていく必要があります。
埋め込んだら終わりではなく、その後の経過を観察していく必要があるのです。

 

その意味でインプラント治療を希望するならば、保険適用外であり、それなりに長期の治療費が必要になるということを覚えておく必要があります。
現状ではこの30万円~という価格設定が相場といわれていますが、今後保険が適用になるなどの状況の変化が起こればもっと安くインプラントができる日が来るかもしれませんね。